1. セロフロインヘラー通販のおかげで喘息が治りました   >  
  2. 薬の通販サイトを利用すること

薬の通販サイトを利用すること

パソコンから出てきた箱

医薬品の通販サイトを利用することは、医師の処方箋なしで医薬品を購入することになります。これは違法なのではないかという指摘がありますが、海外から薬が発送される場合は、薬事法に違反することなく薬の売買が可能になるのです。

医薬品通販サイトで販売されている薬の中には、日本では認可されていない薬もあります。認可されていない薬は、病院を受診しても処方してもらうことができませんし、薬局やドラッグストアなどの店頭でも購入することができないのです。そういった手に入りにくい薬を簡単に入手できるのが、医薬品の通販サイトなのです。

また、病院に行って薬を処方してもらうと、薬代だけでなく、診察代や説明代金などさまざまな料金が加算されて割高になってしまいます。医薬品通販サイトでは、基本薬代と送料のみで薬を入手することができるのです(稀に通関の際に関税がかかることがあるようですが、それでも病院処方よりは格安です)。

病院を受診すると、健康保険証の使用履歴に残ってしまいます。被扶養者の場合、ご家族に病院に行ったことを隠したくてもバレる可能性があるのです。一方で、医薬品通販サイトでは保険証を使用することはないので履歴に残ることはありませんし、購入者のプライバシーに配慮して中身がわからない梱包で薬を送ってくれます。一部の通販サイトでは、指定した郵便局で受け取る局留めサービスも提供しているので、自宅まで届けてほしくないという方にとっては好都合です。

また、医薬品通販サイトではスマホやPCから医薬品を購入するだけで、あとは届くのを待つのみです。病院のように医師の診察を受けるのに待つ時間が必要ないので、忙しくて病院に行く時間がない方にもオススメです。